FC2ブログ
 

漫画至上最高傑作群のひとつさいとう・たかを「ゴルゴ13」                  

漫画至上最高傑作群のひとつさいとう・たかを「ゴルゴ13」                  

私の先生神江里見氏や小池一夫氏 やまさき拓味氏 叶精作氏 伊賀和洋氏等 皆さいとうたかを氏の弟子である

ゴルゴの主要な人物を描く 石川フミヤス氏とも会ったことがある

 ゴルゴ13は小池氏がゴルゴダの丘から命名したものだ ストーリーの軸は大藪晴彦の武器とモノにこだわる世界と

フォーサイスの世界観 さらに世界情勢と陰謀のムー的世界 イアンフレミングのスパイ小説観を融合した話になっており

とにかく 冒険小説的で飽きさせない 元総理大臣の麻生氏がゴルゴ13を全巻持っていると聞き 納得したものだ

初期の頃は セックスシーンが多かったが 近年ではあまり見受けられなくなった

また 初期に比べると 銃の描き方も凝りだしている

登場人物で最も多く 見かけるのが 出っ歯のデイブ・マッカートニーだ武器を改造する職人だ

次に登場数が多いのが イギリスの情報機関MI6のヒュームだ 彼は苦味走ったいかにもというふうに描かれ 私は

好きだった 異色なのがエバ・クルーグマンという女殺し屋の出た「海へ向かうエバ」だった 何か短編の映画の名作を

見た余韻があった また日本が舞台なら 名作河豚の季節もよかったな 新聞記者の姿がリアルに描かれていた

中国ものにも 名作はかなりある チベットの転生者をダライラマまで届けるゴルゴを描いた「白龍昇り立つ」もよかったな

ゴルゴ13もほとんど捨てたが ぽつぽつとまた買い始めた ときにゴルゴがブラックジャックに見えるときがある

不思議な男だ


スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索