FC2ブログ
 

競馬と社会

競馬と社会

舛添要一は 公金で食ってきた男である せこいのである 自分の食い扶持で精いっぱいなのである

石原慎太郎は 作家で食ってきた男である これは雲泥の差である

 とにかく 税金で食ってきた者たちは 能無しである


田中角栄は 土建屋である 大したものだ  しかしながら 企業を立ち上げても10年ももたない会社ばかりなのである

では 能無しは 国民の大部分がそうであるが 年とともに衰退していくのである

中には 志を持つ者もいるが やはり消えていくのだった…

 本物の霊能者は違うのである  見栄もはらず 黙々と生きるのである

ただし本物の霊能者であるから 過去が凄いのである 私の過去も凄いことになっている

小池一夫の入社までに300人クラスの会社が 私一人を入社さすのに 北海道に誕生し 私が小池氏の会社に入社すると 倒産してしまった そして 都内に多数ある映画館の清掃を任されると
ダイエーの便利屋も手伝いながら いつの間にかビートたけしやその他大勢の芸能の役者たちが

雪崩のようにやってきたのだった つまり私の映画館が映画を作りだしたのであった

奥山の息子が追い出されるまで 作り続けたのだった その間オウム事件で新宿青酸ガス事件が

不発に終わった その当日ガスが発火する同時刻に私がトイレに入り 止めた形になっている

証拠がないから断定はしない

東京を去るときも 無数の大会社は潰れていった つまりたった一人の人間によって存続しているのだった

北海道に来てからも 無数の霊との戦いがあったが 今も生きている

そして この前から競馬の法則も 完成した

これからは この金をどうするかというのが悩みの種である
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索