FC2ブログ
 

この世は能無しばかりなり

この世は能無しばかりなり

まったく 私は コアマガジンから漫画の依頼も来るし 17歳の時に 選外佳作であったが

1ページまるまる 私の漫画だったし さらに競馬をやれば 法則を見つけてしまうし

集英社の大門さんが私の担当だったし ことクリエイティブに関しては なかなか

がんばっていたな それでも漫画で飯が食えたのは アシスタント稼業のみであった

生活のため歌舞伎町界隈の便所掃除業をはじめ とにかく人の労働時間の半分以下で

人並みの稼ぎを得るのは 大変つらく それでも1千万以上貯金をしたが

北海道に帰れば すべて親父にためた貯金は使いこまれていた 親父は貧乏ではなく

社長であり そしてエーカッコシーの金遣いの荒い単なる無能の人なのだった

絵や書道をやっても 賞にかすりもしない それなのに年に2回以上個展を開き

中国へも何度も出かけ 元皇族の一人から金で賞状を買う人である 何度もスカイラインなどの

新車を買う人である 金がいくらあっても足りないのであった

年金も自衛隊の幹部であったから 50代の前半からどっさりもらっていた

それでも 金が足りないと見える 時計はオメガにタグホイヤーである

子供たちを集め 絵や書道の塾をやったり また 上手な先生方を徹底的にけなすなど

顰蹙ものである もともとがおやじは 東大教授などがたくさん出ている山形の齋藤家出身で

あったが 岐阜県の祖父と山形の祖母が駆け落ちし 北海道に逃げてきたのだった

江戸時代であれば 見つかれば 駆け落ちは 両名鼻を削がれ エタ ヒニン部落へと

落とされるのであるが 明治時代となり 文明開化で身分制度は撤廃されたのだった

それでも駆け落ちは 重罪であり 祖母は父を生んで早逝してしまった 先祖の怒りに

触れたのだろう 母なしの 義母との暮らしが 性格をゆがめたのかも知れない

それにしても 父は表の顔は 優しいおじいちゃん 裏の顔がコレである

人間とは つくづく能無しぞろいときたものだ 
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索