FC2ブログ
 

朝 漫画のストーリーが浮かんだ2

朝 漫画のストーリーが浮かんだ2

ハッと若者は 目が覚めた 「ここは…どこだ…」 薄暗い 四方をコンクリートに囲まれた小さい部屋だった 若者は 立ち上がり正面の壁に タックルをかました ドスン ドスン

3回目にチャレンジしょうとした矢先 壁がズズズと真ん中から 引き戸のように開きだした

そして現れた2人の男 あの面接を頼んだここの従業員らしい男たちだった 顔に表情は一切なく いきなり 棍棒のような 堅い棒で若者を滅多打ちし始める 若者は抵抗する間もなく 地面に崩れ落ちた

2回目の失神から 目を覚ますと 猛烈な痛みが背中や頭部そして顔面に 現れていた あの二人に

やられたのを思い出したと 同時に 自分が柔らかいひざまくらの状態であることに気づく

その膝枕をしてくれた人物の顔を見て 再度 驚愕した なんと カーフェリーで出会った あのねーちゃんではないか 驚きと驚嘆で

色々と質問をぶ゜つけると 一つ一つ解りやすく説明してくれるのだった

まず ねーちゃんの名は柿の木坂圭子 偽名だろう 職業はなぜかCIA そして任務は日本での

違法な異星人の営業活動を取り締まることだった

この牧場を隠れ蓑に 人間の生体エネルギー入りの飲み物を作って販売している不良異星人のアジトだったのだ  

柿の木坂圭子は ネットでキャッチし 調べている途中で捕まったらしい

その時薄暗かった 大部屋に電気がついた よく見ると若者も女も裸であり 奥の壁際の
10人ほどの男女のグループも裸であり さらに悪いことに壁が動き出した

奥の壁に向かって壁が狭められていくのだった そして奥の壁の側壁が開き 移動しろということなのだ 側壁にあいた穴をくぐると 窓の付いた天井は2階ほどの高さの部屋に入ったが

一人ひとり 鉄格子のついた鳥かごのようなものに入り 360度一周のゆっくり回る回転人間小屋が待っていたのだった

柿の木坂圭子は若者に「抵抗したり騒いではダメよ」 「また 叩かれるわよ 彼らはロボットなのだから」と忠告するのだった

若者の背中にほられた 金太郎の刺青が泣いているように見えた
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索