FC2ブログ
 

陳という男2

陳という男2

陳には 前回のお礼として 歌舞伎町で 裏本を買ってプレゼントした

私の勤める映画館は 当時奥○和由の本拠地であり 彼の$箱であった 新宿Pの重役たちは

「私の目の黒いうちは 清掃業者は変えない」という 熱い言葉を残してくれた

そして この映画館の金で数多くの映画が作られることになり スマップやスピードの超大物の

芸能人達がなだれ込むように この映画館に来ており 私も良く見た

漫画のアシスタント時代は 1じから12時まで働いて 材木問屋の営業の給料より少し高いだけであった またジャンプの有名作家のアシは その額の半分であり アニメーターに至っては

床の上で寝袋に入って ジャンプのアシと同等かそれ以下であった

八重洲の映画館2館で 1時間半ぐらいで終わって 月の給料は 材木問屋の給料より少し下ぐらいを頂いた ただし 10数年は 一切休みなしだった

ある日のこと 陳の代わりに入った周が 勝手にジュータンクリーニングを始め地下の館内を
ダメにしたが 周のクビだけですみ 1千万以上するジュータンは張り替えて終わりだった

映画館は 新宿のど真ん中で 儲かりまくったものである

色々と書きたいことは この映画館にはたくさんあるが 現役の芸能人や映画人が多いため

書くのはこの回のみです
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
陳という男  ←陳という男 【2015年05月】の更新記事一覧 →はっと思った  はっと思った
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索