FC2ブログ
 

小学館と諸星大二郎

小学館と諸星大二郎

私の座っていた机から3メートル右側が 実験人形ダミーオスカー班だった 前が青春動物園ZOOの

  雑誌名はGOROがダミーオスカー Zooが少年サンデーだった…

私の班は 週刊ポストだった 私の会社から少年サンデーの編集になったものもいた
つまり 小学館の金で飯を食っていた会社なのであった

小学館の子会社が集英社であった
 
きのうは 集英社育ちの諸星大二郎の壁男という本を読んだ

実に面白い 諸星大二郎の伝奇ロマンやSFは実社会のたとえ話であり 実社会の妖怪

みたいな人間を比喩してかくのが 天才的にうまいし もう天才と言い切ってもいいだろう

絵の力もバカボンドよりうまい 木場の現代美術館で生原稿を見たが うますぎるのだ

 この壁男は 現代社会SFとして見ると 星新一や筒井康隆 そして藤子不二雄と
比べると 大したことはない

壁男の本に載っている 夢の木の下に続く連作がすばらしいのだ 字で書いても
わからないが とにかく いいのである

スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索