FC2ブログ
 

映画史上最高傑作タクシードライバー

映画史上最高傑作タクシードライバー

銀座の歌舞伎座の近くの 確か地下にあった名画座でこの タクシードライバーを見た

あまりの衝撃に どうやって帰ったのか記憶にないのだった…

あの音楽が 胸を締め付けられ なんという孤独感というか せつない気持ちが湧いてくるのだった

沖縄でもベトナムからの帰還兵というのか 一時休暇か知らないけれど 人殺しが平気で ダイビングをしているのが 日常茶飯事で見ることができた まるで バイト感覚で戦場を行き来しているかんじだった  そしてタクシードライバーの主人公トラヴィスもベトナムからの帰還兵だった

日常の平凡な毎日と ベトナムのベビーキラーの狂気が交差しているのだった

その悪への憎しみはキリスト教も関係している 日本も歌舞伎町界隈の猥雑さは キリスト教徒が

見れば卒倒してしまうに違いない(午前2時ごろは オカマの性倒錯者が超高いハイヒールにめちゃ高い山高帽姿で怪しげなパーティを繰り広げている)日本人が見ればオモロイ奴で終わってしまうが 映画の中では 少女売春の巣窟を襲撃した主人公は英雄になっていた

聖書主体なのである 異教徒は抹殺せよが 崇高な目的なようだ

スコセッシ監督は 十分わかっているはずだ それが狂気だということを…

スコセッシ監督は音楽が相当好きなようだ ロックがガンガン流れる ワイズガイも相当良かったが やはりこのタクシードライバーに流れるジャズ音楽はたまらんね



スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索