FC2ブログ
 

いぬやしき3巻は傑作だ

いぬやしき3巻は傑作だ

2巻は紙媒体で読んだが あまり衝撃的ではなかった 一つには 本が小さく 印刷物が

奥氏の タッチにあわないのである 集英社の本の印刷は良かった

絵を重視する場合 コミックシーモアで見た場合 物凄く 犬屋敷には 合っているのは 驚きである  何度も見てしまうのだ  この興奮は 池上遼一氏の男組の中期に匹敵する 劇画の最高峰
に同一する巻であった 完全に3巻の出来は GANTZを超えた傑作である

ヤクザの組事務所を壊滅させる シーンは 本宮ひろ志氏や寄生獣の岩明均が試しているトーリ

非常に興奮するシーンだが 奥浩哉氏も 憎々しい大男の登場が効いている ただし バイオレンスシーンは いまいちだったね 梶原一騎氏の男の星座の真樹日佐夫が高校生のときの
梶原一騎氏のスナックでの暴力団とのもめごとが 自分的には最高峰だと思っている 実話だから くそリアルである 絵も合っているのである ただし 池上氏や奥氏の絵に比べると格段に落ちる これは梶原一騎氏の原作の力が 絵を数倍ひからせているからだ

奥氏は タランティーノが好きらしい サイケデリックトランスという音楽も GANTZから 学んだ
そのセンスが 今の時代と合っているのだろう

スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索