FC2ブログ
 

結界の街 東京

結界の街 東京

相手のことを 強く思う すると くしゃみがでる これは 相手の守護のバリヤに跳ね返されてしまった証拠である 

跳ね返されない場合は 相手の体に 霊障として残るのである
病気や霊界通信としてだ 愛おしく思う念 セックスをやりたい念 遊びたい念 嫉妬の念 憎しみの念 皆一緒の念だ すべて欲望の念なのだ

それとは別の 高次元の念は 魂から発動される念でパワーが違う
漫画を描くぞ 書きあげるぞ  時間厳守だ 約束はキッチリ守れ
計画通り実行する 何が何でもやり遂げるぞ
と いった具合だ 所詮情がらみの念は弱いものなのだ

たえず 人生は何のために生まれ 何をして生きるのかというぐあいに考え 計画的に物事を 進めていかなくてはダメなのだ

伊集院静は モノを書く人は無駄な時間が大事とかいっているが
真似する必要はない 無駄な時間は霊が憑く時間が増えるだけなのだ

人が通った道には 何もないということだ これは法則だ

私は20代の頃 布袋を作り 本を入れる袋を作った 霊は胸あたりに
宿ることを知っており その袋にこれだという霊能者や神社関係の本を入れ 首からぶら下げ いろいろと自分で考え試していた

つまり 高級神霊をかからせ 常時宿る状態にする実験を行っていたのだ その結果 霊感強そうなおばさんからは あなた すごく強い足取りね と驚かれたり 道を歩いていると靴のひもを結んでくれる
霊感の強そうな女の人に出会ったり いろいろと面白い体験をした 
やがてホステスにバカにされたり 汗臭くなってしまったのでやめたが
これも一歩なのである 自分で考え実行する 人がやっていない道を行く これしかないのだ 山田双葉を発見したのも私なのだ

 また 私とすれちがったり 縁のある人は必ずブレイクした
花のあすか組のひとりも知っていた

神戸大震災では知人の実家が崩壊 東北大震災では 母の一族が被災した しかし神戸では 直ぐに知人に宝くじが当たり 全額実家に寄付したそうな 東北大震災では 高松宮記念が私にあたり 3練炭だったが半分を一族に寄付した

神戸では神の入り口を壊され つぎが東北か 何者かが侵入しょうとしているのか 私の足りない脳ではわからないのだった

ただし 東京の結界の強さは素晴らしい 大きな川を渡るごとに 尾てい骨が震えるのだった
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索