FC2ブログ
 

ゲゲゲの鬼太郎を読む

ゲゲゲの鬼太郎を読む

水木しげるの絵には 絶対的安心感がある この絶対的安心感のおかげで 超貧乏時代を乗り切り 子供まで
作ったのであろう 創作時においては 精神エネルギーは満々と満たされている状態でなければ 執筆できないはずだ  しかし普通の人の生活は雑事が多く 気力がなえてしまうものだ さらに水木氏には 片手がない つまり
片手で紙を回しながら描けないし 紙を押さえつけたりもできない しかし頭に来て腹を立てれば すへてが困難になってしまう

冷静になり頭を使い 一コマ一コマ描き上げるコツをつかんだようだ さらに水木氏は膨大な資料を集めることで有名だ 障害者なのに常人を超える作家となった水木氏 偉大な人だ

宮谷一彦氏は小池一夫氏に何度も相談に訪れていた 絵を描くのがつらいと… 五体満足でも絵を描くのは辛いものだ しかしながら水木氏の元アシのつげ義春氏は 緻密な絵を描いていたが 無能の人ではラフな絵を描き
映画にもなっている ストーリーが第一で 絵は第二でいいと思う 漫画太郎の地獄甲子園の第3巻のラフな絵をみたら 緻密すぎる絵は かえってごちゃごちゃに見えるものだ 水木しげる氏の絵など手脚は4コマ漫画のように
省略して描かれている あれでいいのだ

漫画はストーリーが第一 絵は第二だからだ しかしながら絵に執着するのは 変化を求め自己満にふけるためなのだ

よって 漫画家は絵に執着し自信を求め 今日もいきる定めなのだ

スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索