FC2ブログ
 

とかくこの世は 住みづらいものだ

とかくこの世は 住みづらいものだ

5年前に 飛蚊症で眼科に通院し 目を眼底検査と称して 弄繰り回され 左目の黄斑に血が混じり 失明し
やっと ぼんやりと 左目が回復してきた昨今である 

今日は 心臓の薬をもらうため 病院へ行くと 難病の心筋症かもしれないと医者はいう

超音波検査である 何度もやっており またやるのかとうんざりである

医者は患者の前では自信満々であるが 現代医学はまだまだわからないことばかりであり この心筋症も

原因不明であり 難病指定となっている

輸血という治療方針も 間違っているようだ  抗がん剤治療も間違っているらしい

ほっておけば自然と治るのに 病院へ行った私が間違っていたのかもしれない

 2週間後にまた検査だというと 父が金がかかってしょうがないというのだった 

金は家に入れてるし いわれる筋合いはない それどころか 東京時代にせっせと 貯金し1200万円あまりを

実家に送金していた そして実家にわたしが 帰ると マイナス60万円になっていた 実家は保険会社の代理店

をやっており すべて年金保険に化けていたのだった 早速すべて解約したが 返ってきたのは わずかの金

だった そのことを父にいうと わしが死んだらすべて私にやるというのだった 不動産や貯金などである

 フフンと私は思った 金遣いの荒い父が残しているわけがないと 思った と同時に 怒りが湧いてこないのだった

これが親子というものなのだ 人は神に無償の愛を与えられて生きている 例えば 空気や太陽の光である

これは無料だし これなしには 人は生きられない


父もまた私をこの世に作ってくれた大恩があるし 無償の愛で育ててくれた 金を使いこまれても

笑うしかないのだ 心の奥底が怒らないのだから しょうがない

それにしても 現代医学は金儲け主義に走りすぎているね

スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索