FC2ブログ
 

清河八郎記念館の館長廣田氏によれば亀の漢字が着く人が戸籍にいれば直系の清河八郎氏の子孫である

清河八郎記念館の館長廣田氏によれば亀の漢字が着く人が戸籍にいれば直系の清河八郎氏の子孫である

この言葉を手掛かりに亀の字を捜すと たくさんいました つまり三井家とも親戚関係なのです

幕末の尊攘派志士、清河八郎(1830~63年)は、天保元年(1830年)10月10日、清川村(現庄内町)の郷士、齋藤治兵衛と亀代の長男として誕生。 齋藤家は、庄内一の醸造石数を誇る酒屋でした。
父・齋藤治兵衛豪寿は清川村の素封家、母・亀代は鶴岡三井家の第三子、兄弟は弟に熊次郎、熊三郎、妹に辰代、家の5人兄弟。 八郎の幼名は元司、名は正明。清河塾開塾の際、その名を清河八郎と号しました。

このように三井家とも親戚であり 火災保険の適用をうけ 100万近くの金を頂いたことがありました

家は火災ではなく玄関の屋根に氷の結晶が悪さをしたにすぎず 何故私に多額の現金が振り込まれたのか 謎でした こういう事だったのかと思いました


スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索